日本福祉文化学会

中部東海ブロックの活動

 

 
  中部東海ブロック通信 第11号
通信
 
  Our Life No.129
PDF
 
  中部東海ブロック通信 第10号
通信
 
  Our Life No.128
PDF

 
  Our Life No.127
PDF
 
  Our Life No.126
PDF
 
  中部東海ブロック通信 第9号
通信
 
  Our Life No.125
PDF
 
  中部東海ブロック通信 第8号
通信
 
  中部東海ブロック通信 第7号
通信

 
  第18回 静岡県福祉文化研究セミナー
静岡発 福祉文化の創造 『福祉文化と子ども』

●年代や世代を超えて,語ろう!創ろう!“豊かな地域で生活会議”
参加者定員20名募集[参加費無料

 2002年11月30日・12月 1日の2日間,裾野市,裾野市社会福祉協議会,社会福祉法人富岳会の全面的協力のもと,裾野市民文化センターにおいて,全国各地から 650名の参加者が「富士山麓 いのちとくらしによりそう福祉文化の創造と推進」をテーマに熱く議論.
 そして,静岡県から「福祉文化の火」を消さないためにも,この大会を「第 1回静岡県福祉文化研究セミナー」として,繋ぎ続けて18年.
 人々が,ささえあいながら,住み慣れた地域で暮らし合う地域環境をいかにして創り出すか,地域の現状をしっかりと把握しながら,「共助」による福祉コミュニティ構築に向け「集まる,地域ぐるみの居場所」の実現に向けたプロセスを学び合ってきた
このたびのセミナーでは 世代を超えて 楽しく地域づくりを語り合う環境(地域総合型学習)」を実践します「福祉文化とは何か」の原点を検証しながら「静岡発 福祉文化の創造」 18年の道程から子どもたちを取り巻く地域環境について議論します
 そして「子どもたちの声」を基に「子どもたちがホッとする地域 」を検証し合います

主催 静岡福祉文化を考える会

■日 時: 2019年 11月 16日(土) 13:30〜16:30
■会 場:静岡市清水区追分 3丁目 5 17 「寄ってっ亭」(TEL: 054-367-2878)

* 会場には,公共交通機関等を利用してお越しください.
■プログラム
13:30 開会セレモニー
13:40 アイスブレーク「 ご近所福祉 」を演出します
14:10 基調報告 その 1「 静岡発 福祉文化の創造と研究セミナー18年を探る」
14:40 基調報告 その 2「 100名の子どもたちに聞きました ホッとする地域ですか」
            調査結果から見えたものは何か
15:10 休 憩
15:20 ワークショップ 「昔の子ども,今の子どもからの学び 〜大人の言い分 ,子どもの言い分 」
16:20 全体会

■問い合わせ・参加申し込み先
〒425-0041 焼津市石津751-1 静岡福祉文化を考える会 代表 平 田 厚
Email: monogusa-tomy@theia.ocn.ne.jp

詳細チラシ

 
  Our Life 124 号
PDF

 
  中部東海ブロック通信 第6号
通信


 
  地域の子ども支援の実践に学ぶ
令和元年度 第2回静岡福祉文化を考える会 公開型研修会のご案内

 24 年目の福祉文化実践活動に取り組む本会の活動テーマは「福祉コミュニティの再構築と子どもの福祉文化を創る」。
 本会の活動基調「専門性と市民性の融合」「広く地域課題を共有した地域総合型学習」「地域課題解決に向けた新たな提言」をもとに,情報の共有,人的交流,プロセスを重視し,「子どもをいかに地域で育むか」を、できる限り,小地域の生活圏域で人々が支え合って暮らし合う地域社会で「生活会議」として、参加者と共に、地域の課題解決に向けた話し合いの場を創り議論を深めていきます。
 今回の研修会では、子どもを取り巻く地域環境の現状を共有し、いかにして「子どもたちを育む地域環境づくりに取り組むか」を「子供支援」と置き換えて、参加者相互に課題解決につなぐ「アイディア」を出し合います。

●着眼項目
@ 「静岡発 福祉文化の創造」23年間のプロセスを学ぶ場
A 世代を超えた身近な生活圏域の課題解決に向けた議論(「生活会議」)をする場
B 子どもを取り巻く地域環境の現状・課題を共有する場
C 「子ども支援」の実践事例を共有する場
D 「地域の子どもを地域で育む」には、どのような「アイディア」が必要かを学ぶ場

開催日時 令和元年 8月 3日(土)13:30〜16:00

開催会場 静岡市清水区追分3-5-17 「寄ってっ亭」рO54−367−2878

プログラム
13:00 受 付
13:30 開 会 *開会挨拶 *オリエンテーション
13:50 報 告@「23年間の静岡発福祉文化実践のプロセスを再確認する」
14:10 報 告A「地域の実践活動の現状」
14:50 休 憩
15:00 ワークショップ「子どもを取り巻く社会環境はいかにあるべきか」
16:00 閉 会

●定員30名:参加費無料

●参加申し込み・問い合わせ先
電話、FAX、メールなどで「氏名」「市町名」「連絡先」を明記の上、下記まで
〒425-0041 焼津市石津751−1 静岡福祉文化を考える会 代表 平田 厚
E-MAIL: monogusa-tomy@theia.ocn.ne.jp

詳細チラシ

 
  中部東海ブロック通信 第5号
通信

 
  日本福祉文化学会・中部東海ブロック通信第4号及び
「第30回学会全国大会東海大会」実行委員の募集について
   ブロック理事 平田 厚

おかげをもちまして,平成30年度のブロック活動は,計画に沿って取り組んでいますことを報告します。本日は,今年度第4号となります「学会ブロック通信第4号」を送付します。

さて,先の学会大阪大会(H.30.10.28)において,平成31年度 第30回学会大会」を中京大学(名古屋市)で開催することが決定されました。
中部東海ブロック管内での開催は,なんと17年ぶりとなります。
つきましては,「平成31年度学会中部東海ブロック活動計画」を一部見直して,「第30回学会大会」を意義ある大会にしていく取り組みをブロック活動とし,併せて本大会を「第1回中部東海ブロック大会」に置き換えて,これからのブロック活動の活性化につなげてまいります。.
どうぞよろしくお願い申し上げます。

また,大会の運営を円滑にしていくためにも,ブロック会員の大会運営の参画は必要不可欠になりますので,「実行委員会委員」を広く呼びかけていきたく,実行委員に参画していただける会員を募っています.
ご賛同いただけるブロック会員は,ブロック理事まで連絡をお願いします。


中部東海ブロック通信第4号
 
  どもたちが安心して暮らせる地域づくりとは
〜平成30年度 静岡福祉文化を考える会 第3回 公開型研修会〜

 「静岡福祉文化を考える会」は、「豊かに暮らし合う地域づくり」を活動基調として、この平成の時代に一貫して「地方発 福祉文化の創造」を発信続けてまいりました。まもなく24年目の活動に入ります。新しい時代こそ「真の福祉文化の創造」を働き続けていきます。
 「福祉文化とは何か」を,さらに世代や領域を超えて,人々がささえあいながら,住み慣れた地域で暮らし合う地域環境をいかにして創り出すか,地域の現状をしっかりと把握しながら,「共助」による福祉コミュニティ構築に向けた「子どもたちを育む地域づくり」について,参加者主体の議論を深めてまいります。

●着眼項目
(1)「福祉文化とは何か」の原点を検証する場 
(2)なぜ,いま「静岡発 福祉文化の創造」かの提言を学ぶ場 
(3)福祉文化実践活動としての「調査研究活動」に学ぶ場 
(4)家族・家庭機能のこれまでとこれからを考える場 
(5)「子どもたちがホッとする地域」を検証する場 
(6)「世代を超えて、楽しく地域づくりを語り合う環境」(地域総合型学習)」を実践する場

開催日時 平成31年3月23日(土)13:30〜16:30
開催会場 静岡市葵区駿府町1-70 
        静岡県総合社会福祉会館1階101会議室


詳細チラシ

 
  ブロック広報誌
中部東海ブロック通信 第2号

 
  第17回 静岡県福祉文化研究セミナー
静岡発 福祉文化の創造と子ども支援を考え

このたびのセミナーでは、世代を超えて、楽しく地域づくりを語り合う環境(地域総合型学習)」を実践します。
「福祉文化とは何か」の原点を検証しながら、「静岡発 福祉文化の創造」17年の道程から、子どもたちを取り巻く地域環境について議論します。
今回は、「子どもの居場所とはなにか」を「調査研究活動」から学びます。
その中で、家族・家庭機能のこれまでとこれからを考えていきます。
そして、これまでの「居場所論議」をさらに深め合い、「子どもたちがホッとする居場所」を検証し合います。

日 時:平成30年10月20日(土)13:30〜16:30
会 場:静岡市清水区追分3丁目5-17 「寄ってっ亭」(TEL: 054-367-2878)

チラシ


 
  ブロック広報誌 「OUR LIFE119号」(PDF)
 
 
ご近所福祉inぬまづ 開催

○期日 平成25年1月19日(土)9:30〜15:30
○会場 サンウェルぬまづ
○内容 ・沼津市民フォーラム〜ともに理解しよう 心をつなぐ活動〜
     ・健康福祉講座「明るく、楽しく生きるために」
     ・語りましょう沼津の未来
  詳細はココをクリック☆
 
   
第5回公開型研修会開催のお知らせ

[研修テーマ] 『共生社会実現への道程研修会
          〜一人でも安心して暮らせる地域づくりとは』


[ねらい] 声をかけあい、支え合って初めてご近所。
そして、話し合える、語り合える環境こそが問題を解決できるご近所。
今一度、あったかいご近所づくりに向かつて、みんなで考え合う。
○着眼項目
(1)共生社会とは何か」そのプロセスに学ぶ場
(2)専門性と市民性」を実践事例で学習し合う場
(3)楽しいを創る」を実践する場
(4)社会教育と社会福祉の融合」を検証する場
[日時] 平成25年2月24日(日) 13:00-16:00
[会場] 社会福祉法人ハルモニア3階支援室
        〒426-0066藤枝市青葉町二丁目11-1
[定員] 3 0名
[プログラム]
(1)基調報告「共生社会とは何か」
(2)実践報告「共生社会を創るーその@」
(3)実践報告「共生社会を創るーそのA」
(4)公開トーク「みんなで語ろう、創ろう共生社会」

 
     


もどる